知識 理解 技能 関心 意欲 態度 思考 判断 表現 単元 教材 生徒 学校

学びに変化をもたらす要因となる機能 There is a function that becomes a factor in modifying the learning process.

教材観

教材とは

 学びを目的とし「いろいろな要素を組み合わせた学びのシステム」が「授業」(→授業観)です。この授業に導入される様々な要素が「教材」です。

 授業で扱う「ひとまとまりの学習内容(単元)」や「テストの内容」など「実態を持たない要素」や教具(道具,実習用具)など「実態を持つ要素」いずれも「教材」だと言えます。

教材観」とは,上記のような教材という用語の意味の捉え方やその授業において取扱う教材の「位置づけ」や「意義」といった授業者が持つ「教材に関する考え方・捉え方」のことです。
 

 指導案における「教材観」を見れば,その授業において「なぜ,その教材なのか」といった「教材の位置づけ」や「教材の意義」が明らかになります。

 なお,文科省は「義務教育諸学校の教材整備について(通知)」において「教材」を機能によって4つに分類しています。

◎発表・表示用教材
◎道具・実習用具教材
◎実験観察・体験用教材
◎情報記録用教材

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional