知識 理解 技能 関心 意欲 態度 思考 判断 表現 単元 教材 生徒 学校

学びに変化をもたらす要因となる機能 There is a function that becomes a factor in modifying the learning process.

学校の学力

FrontPage

学校の学力

 学校は人間社会が作り出した「学びのシステム」の一つであり「学びに変化をもたらす要因となる機能」を持っています。学力の定義にしたがえば「学校は学力を持っている」と言えます。

 近年,学力低下問題として,学校が批判されますが,この問題の本質は,学校が負の変化をもたらす要因となっている点にあります。「負の学力を持つ学校」が問題です。このような学校では「子どもをダメにする方法」を実践します。そして,最も深刻な問題は,学校が「無力感の学習の場」になっていることだと考えられます。(学習性の無力感
   
 学校は,社会がつくりあげた学力です。学びのシステムとして捉えるならば,次のようなサブシステムを考えることができます。

  • 教職員
    「学びに変化をもたらす要因となる教職員」=学力を有する教職員
  • 生徒集団
    「学びに変化をもたらす要因となる生徒集団」=学力を有する生徒集団
  • 校務分掌
    「学びに変化をもたらす要因となる校務分掌」=学力を有する校務分掌
    (教務部・進路指導部・生徒指導部等)
  • 教科
    「学びに変化をもたらす要因となる教科」=学力を有する教科
    (学力のある知識と同義)国語科・数学科・理科・英語科・芸術科など教科は、知識や技術、または、技能や経験などが組織的に編成されたもののこと。
  • 施設設備(実習室・体育館・図書館など)
    「学びに変化をもたらす要因となる設備」=学力を有する施設設備

 それぞれのシステムが有する「学びに変化をもたらす要因となる機能」の総合的な働きが「学校の学力」だと考えることができます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional