知識 理解 技能 関心 意欲 態度 思考 判断 表現 単元 教材 生徒 学校

学びに変化をもたらす要因となる機能 There is a function that becomes a factor in modifying the learning process.

交互作用

FrontPage

交互作用

 交互作用とは「ある因子の優劣が他の因子の水準(レベル)によって変わること」をいいます。ヒトの学力として,象徴機能メタ認知機能注意機能の3つの因子を想定していますが,この3因子の間には,交互作用があると考えています。(学術的に証明している訳ではありません。仮説です)

 象徴機能の優劣は,他の因子である注意機能メタ認知機能の水準(レベル)によって変わり,注意機能の優劣は,象徴機能メタ認知機能の水準(レベル)によって変わる。そして,メタ認知機能の優劣は,象徴機能注意機能の水準(レベル)によって変わるだろうという「仮説」です。

 もし,この仮説が正しければ,3機能のうち,どれか一つでも欠損するならば,学力は成立しないということになります。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional